FX 日経225 株 システムトレードの販売 テラス > 詳細ページ

GapTrading窓埋-EURUSD

2005年1月に資金71万円で運用開始していたら、172万円に。
年間平均の利益は8万円でした。  算出方法はこちら

利益率グラフ
日経平均株価  USDJPY  GBPJPY 
You need to upgrade your Flash Player
指標 システム
登録前
システム
登録後
全期間
平均年利 用語 12.4% -9.1% 11.6%
検証年月 用語 11年8ヶ月 0年6ヶ月 12年2ヶ月
勝率(月単位) 用語 63.3% 50.0% 62.7%
売買数 用語 193回 7回 200回
プロフィットファクター 用語 1.97 0.52 1.88
最大ドローダウン額 用語 - - 27万円
トレード平均期間 用語 0.2日 0.1日 0.2日
勝率(トレード別単位) 用語 49.2% 28.6% 48.5%
ペイオフレシオ 用語 2.03 1.30 2.00
期待値 用語 5352円 / 0.7% -4641円 / -0.7% 5039円 / 0.7%
テラスによる検証の詳細
通貨ペア EURUSD スプレッド 約3 pips
時間足 15分足 レバレッジ 25倍
基本ロット 十万通貨 最大ポジション数 1
※利益グラフの上に表記している資金(万円)は、「最大ポジション保有時に必要な証拠金」+「過去に発生した最大ドローダウン額」を余裕資金として足したものです。
※本システムを含むメタトレーダー4の最大ドローダウン額は「決済」ベースではなく、より実運用に近い「含み損」ベースでの算出です。

システム説明

Gaptrading 窓埋

このEAは販売用ではなく、成績確認のためのものです。
ご購入の際はGaptrading窓埋-GBPUSDからご購入下さい。

□□ 概要 □□
このEAは基本的な窓埋めトレードの手法をEA化し、
通貨ペアごとに最適なエントリーポイント、利確条件、損切条件を設定したものです。
(ロジックの詳細については下部に記載)

検証においては、2000年~2005年の間で最適化を行い、
2006年から2010年の間で仮想的にフォワードテストを行ったうえ、
さらに2010年から2016年の間で実運用を行っています。

このEAはロジックが極めて単純であるため、オーバーフィッティングを完全に排す事ができました。
パラメータも極めて少なくなっています。
今後も大きなドローダウンは発生しないと確信しています。

□□ 特徴 □□
ブローカーが約定可能となった瞬間に発注を行うロジックを組み込んでいるため、
人間が手動で窓埋めトレードを行うよりも遥かに早くエントリーが可能です。
(窓埋めは古典として多くの人が使用している手法のため、
 チャートに価格差が発生した週明けには、同一方向のエントリーが多くとられています。
 このEAを使用することにより、その中で最も優位なポジションを得る事が可能です)

また、複数の通貨ペアで同時運用することでリスク分散が可能になります。
(バックテストの2005〜2006年付近をご覧下さい。USDJPYとEURUSDではマイナスとなっていますが、
GBPUSDではプラスになっています。
また、2009〜2010年ではその逆の形で利益を補い合っていることが見てとれるかと思います。)


□□ 販売価格について □□ 
EA公開後から半年ごとに値上げを検討しております。




〇ロジック概要
1.MT4を監視し、発注可能になった瞬間に前回クローズの日から現在まで2日間以上の間隔が空いていれば窓埋準備に入る

2.窓が指定した幅以上に開いており、かつスプレッドが指定した値未満であれば発注する。

3.窓が何割埋まった地点を決済値とするか(Limit_Ratio_of_Blank)設定しておき、そこまで窓を埋めた場合にクローズする(窓が完全に埋まるまで待つべきではないことが多いです)

4.3で設定した決済値まである程度埋めたら(Return_Ratioの比率分埋めたら)、反転して損しないように発注した価格でストップロスを入れておく。これにより窓埋めの失敗をカバーする。

〇エラー処理
トレード開始直後の挙動はそれぞれの業者によって異なるため、様々なケースに対応できるよう、エラーの条件次第でトレードを保留するなど、各種エラー処理を施しています。下記に特徴的なものを記します。

1.窓埋め準備の状態で取引量(ボラティリティ)が一定以上(過去50バーの平均以上)に到達したら窓埋め準備を停止する。
 これは、窓が広く開いていてもなかなかオーダーが通らない場合、市場が荒れている、ブローカーの処理に問題が生じていると判断し、発注を見りたいからです。

2.発注にを指値ではなく成行きで発注する。
 このプログラムでは発注直後ではストップを入れていません。これはブローカーによっては成行きの方がオーダーが通りやすいからです。一見不安に感じますが、オーダーが通った直後に間髪入れず指値、逆指値のオーダーを入れ続けるので、事故が起こることはありません。


〇注意
トレード手法の特性上、業者次第で大きく成績が変わりますのでご注意ください。当方ではFXDDにて運用していましたが、問題なく勝てておりました。その他、AlpariJapan、AAAFX、FXPROで動作を確認しております。
(同一ブローカーであっても、契約したサービスによるスプレッドの差、
 サーバの違いなどによりパフォーマンスが変わることが考えられます。)


〇パラメータ
購入時配布のマニュアルに記載いたします。


トレードシステム・EAを手に入れる


このトレードシステム・EA(ロジック非公開型)を 500,000円(税込)で手に入れることができます。


申し込みはこちら

VISA,MASTER,JCB,American Express,銀行振り込み


よくある質問

購入方法について教えて下さい
本ページは成績確認用のページとなりますので、
ご購入の際は「Gaptrading窓埋-GBPUSD」
のページからご購入ください。
このページでは50万円でのとなっていますが、
「Gaptrading窓埋-GBPUSD」のページでは適正価格にて販売致しております。

なお、戦略等に対するQ&Aにつきましても、
「Gaptrading窓埋-GBPUSD」のページに記載しておりますので、ご参考としてください。


なお、Q&Aにつきましても、「Gaptrading窓埋-GBPUSD」のページのみ更新いたします。

このトレードシステムをマイリストに追加

総利益率 用語 :140.8%
平均年利 用語 :11.6%
検証年月 用語 :12年2ヶ月
勝率(月単位) 用語 :62.7%
投資対象 : FX
トレード平均期間 :デイトレード
クチコミランク :☆☆☆☆☆(0.0)
投資スタイル :買い売り両方
システム登録日 :2016/06/19
検証に利用したソフト メタトレーダー4

この発行者をマイリストに追加

発行者 asahi_fx

この発行者の他のトレードシステム

プロフィール

○EA開発のテーマ
過剰最適化(オーバーフィッティング)を避けるEA開発に主眼を置いています。

○プロフィール
2010年からEA制作を始め、2014時点で20を超えるEAを運用してきました。
その頃本業が忙しくなり片手間で運用を続けていたところ、
無理な複利運用に気づかず口座を破たんさせてしまいました。

そこで意気消沈してしばらくFXから遠ざかっていたのですが、
4年間かけて作ったプログラムを放置するのももったいないと思い、
こちらで出品することにしました。

コラム 経済レポート FX自動売買