FX 日経225 株 システムトレードの販売 テラス > 詳細ページ

The Profits

1998年1月に資金540万円で運用開始していたら、1609万円に。
年間平均の利益は54万円でした。  算出方法はこちら

利益率グラフ
日経平均株価  USDJPY  GBPJPY 
You need to upgrade your Flash Player
指標 システム
登録前
システム
登録後
全期間
平均年利 用語 10.0% -4.0% 10.0%
検証年月 用語 18年8ヶ月 0年7ヶ月 19年3ヶ月
勝率(月単位) 用語 66.0% 20.0% 65.0%
売買数 用語 2590回 39回 2629回
プロフィットファクター 用語 1.69 0.55 1.66
最大ドローダウン額 用語 38万円 22万円 38万円
トレード平均期間 用語 0.0日 0.0日 0.0日
勝率(トレード別単位) 用語 54.0% 56.0% 54.0%
ペイオフレシオ 用語 1.41 0.42 1.39
期待値 用語 3891円 / 0.1% -3230円 / -0.1% 3953円 / 0.1%

システム説明

The Profits

20日間の平均売買代金が20億以上の銘柄のみを対象にしており、マーケットインパクトの可能性を少しでも排除できるようにしてあります。



システムは寄付きで購入し、その日の引けで決済する「寄り引け」のデイトレードシステムになります。


売買サインは前日の夜には確認できるので、夜の間に確認し、朝注文を出しておくということも可能ですので、サラリーマンなど日中仕事をされている方でも運用可能だと思います。


検証内容

初期資金:500万円
検証期間:1998/01/01~2016/08/08
検証方法:年次複利運用
総トレード数:2665
勝ちトレード数:1457
負けトレード数:1208
総損益:11,532,988円
平均利益:2.55%
平均損失:-1.75%
期待値:+0.6%
勝率:54.67%
ペイオフレシオ:1.46
プロフィットファクター:1.72
最大DD:約40万円
平均年利:12.14%

自己資金を500万円とすると、DDは10%以内に抑えられ、安定的に運用できると思われます。年利では最小でも2%(2016年8月現在、2016年除く)ほどあり、実利益としては12万円ほどになります。


トレードシステムを手に入れる


このトレードシステム(ロジック非公開型)を 54,800円(税込)で手に入れることができます。


申し込みはこちら

VISA,MASTER,JCB,American Express,銀行振り込み


よくある質問

購入後のサポートはありますか?
はい。メールでのサポートを行っておりますので、お気軽にご連絡ください。
購入前に質問がある際もお気軽にどうぞ。
1銘柄あたりの投資額はいくらぐらいですか?
最大で100万円に設定してありますが、寄付きで購入するため、100万円を超えることがあります。
この戦略を利用するのに必要なものはなんですか?
シストレ魂を利用したストラテジーとなっています。
また、日々の株価取得のために別途データゲット社との契約が必要になります。
信用売りも行う投資法ですか?
いいえ。買い専用のストラテジーとなります。
株価が低い銘柄や出来高の少ない銘柄に投資しますか?
株価100円以上および20日間平均売買代金が20億円以上の銘柄を対象としており、極端に株価や出来高が低い銘柄には投資しません。

このトレードシステムをマイリストに追加

総利益率 用語 :198.0%
平均年利 用語 :10.0%
検証年月 用語 :19年3ヶ月
勝率(月単位) 用語 :65.0%
投資対象 : 株式
トレード平均期間 :デイトレード
クチコミランク :☆☆☆☆☆(0.0)
投資スタイル :買い
システム登録日 :2016/08/19
検証に利用したソフト シストレ魂

この発行者をマイリストに追加

発行者 HYF

この発行者の他のトレードシステム

プロフィール

大学生の時から投資を始めて10年ほどになります。


システムトレード歴は7年ほどになります。株、FX、日経225先物のトレード経験があり、システムの開発も行っています。


現在は、「シストレ魂」を使って株式投資のシステム開発に注力しています。
時折、日経225先物のシステム開発も行っています。

現在、サラリーマンの個人投資家ですので、システムの内容はシンプルに「寄り引けトレード」タイプのものが主体となっています。


少ない資金を効率的に運用していくようなシステムの開発を心がけています。

具体的には、投資額が少なくても運用可能であること、さらに、少ない投資額を失うリスクを少なめにするために、最大ドローダウンが大きくなりすぎないシステムを理想としています。


購入者の方の資産運用のお手伝いを少しでもできればと思っております。

コラム 経済レポート FX自動売買