FX 日経225 株 システムトレードの販売 テラス > 詳細ページ

暴落相場対応システムトレード実践マニュアル

1970年1月に資金0万円で運用開始していたら、0万円に。
年間平均の利益は0万円でした。  算出方法はこちら

利益率グラフ
日経平均株価  USDJPY  GBPJPY 
You need to upgrade your Flash Player
指標 システム
登録前
システム
登録後
全期間
平均年利 用語 0.0% - 0.0%
検証年月 用語 年ヶ月 - 年ヶ月
勝率(月単位) 用語 0.0% - 0.0%
売買数 用語 -
プロフィットファクター 用語 0.00 - 0.00
最大ドローダウン額 用語 - - 0万円
トレード平均期間 用語 0.0日 - 0.0日
勝率(トレード別単位) 用語 0.0% - 0.0%
ペイオフレシオ 用語 0.00 - 0.00
期待値 用語 0円 / 0.0% - 0円 / 0.0%
■ E-book
『暴落相場対応システムトレード実践マニュアル』
制作: korosuke (YAHOO!ファイナンス 投資の達人)


■ 2016年 激動の相場と転換点

2013年から続いているアベノミクスによる上昇相場から3年が経ち、今年2016年の相場は大きな転換点を迎えようとしています。

大発会からの急落と、2月には過去の暴落に匹敵する大暴落、イギリス国民投票、アメリカ大統領選により日経平均が1日1000円以上乱高下するハイボラティリティーな変動相場、などかなり難解な相場が続いています。

上昇相場が3年以上継続して続くことは過去を見ても例がなく、その後はまた長いボックス相場と下落相場がやってきます。多くの投資家は、上昇相場では買えば何でも上がるので、簡単に資産を増やすことができますが、その後やってくる下落相場で大きく資産を減らしてしまいます。

しかし、資産運用で重要なのは、長期的に継続して運用できることです。一時的に資産が増えてもそれが減らないように損失を抑えるトレード、つまり、攻めから守りのトレードを身につける必要があります。



突然起きる急落をあらかじめ予測することは難しいことですが、いつ、何が起きてもどういう投資行動をするかということは、あらかじめ決めておく必要があります。

トランプ大統領の誕生、2017年にはフランスの国民投票、などのイベントもあり、世界情勢も複雑に動いています。2017年の相場は、さらに難解な相場になってくるでしょう。

株式投資はギャンブルではありません。
このような相場が来たときに、どういう戦略を持ってトレードを行っていくか、その準備はできているでしょうか?

そのような意味もあり、本E-bookを作成しました。
■ 投資をしている中で以下のように思うことがある方は、ぜひ読んでみてください。

(1)なぜ株価が上がるのか、下がるのか仕組みを知りたい。
(2)暴落が起きた時にどうしていいかわからない。
(3)暴落時に大底をつけるタイミングを知りたい。
(4)システムトレードを始めたいが専用ソフトをもっていない。
(5)新しいシステムを構築したい、今あるシステムをさらにいいものにしたい。


全くシステムトレードをしたことがない方から、システムトレードを始めたばかりの方、上級者の方まで使っていただける内容を盛り込んでいます。
■ このたび、YAHOO!ファイナンス投資の達人のkorosukeが
E-book「暴落相場対応システムトレード実践マニュアル」を制作しました。



本E-bookでは、
・暴落がなぜ起きるか
・暴落の規模を判定する手法
・暴落が起きた時の投資戦略(デイトレード)
・検証ソフトを使わず暴落時の大底を判定するツール  
について、実際の売買ルールをもとに、過去のデータと検証結果をもとにストラテジーを作る上で必要な考え方を中心に解説しました。

専門的なシステムトレードの知識や検証ソフトを使用しないで売買シグナルを出せるツールを紹介するため、システムトレードをやったことがない方にも実践できる内容です。

本E-bookを読んだ後に、下落相場や暴落に対する抵抗がなくなり、むしろ利益を生み出すチャンスと考えられるようになるでしょう。
どのような相場が来ても対処できるように、長く安定して継続できる投資手法を身につけましょう。
■ 人気のメールマガジン登録もセットです。 
本E-bookを購入時に、korosukeの運営する人気無料メールマガジンへの登録させていただきます。
メールマガジンでしか読めないコンテンツを原則、毎週日曜日と、平日不定期で配信しております。
日曜日の配信では、1週間の日経平均の動きを詳細に解説し、全体的な相場の流れについて書いてきます。
平日に何かトピック的な動き、注目したい動向などがあったときに不定期で配信します。
不要な方はメールマガジンの解除はワンクリックで行うことが可能です。

システム説明

■ E-book
『暴落相場対応システムトレード実践マニュアル』
制作: korosuke (YAHOO!ファイナンス 投資の達人)


■ 2016年 激動の相場と転換点
2013年から続いているアベノミクスによる上昇相場から3年が経ち、今年2016年の相場は大きな転換点を迎えようとしています。

大発会からの急落と、2月には過去の暴落に匹敵する大暴落、イギリス国民投票、アメリカ大統領選により日経平均が1日1000円以上乱高下するハイボラティリティーな変動相場、などかなり難解な相場が続いています。
上昇相場が3年以上継続して続くことは過去を見ても例がなく、その後はまた長いボックス相場と下落相場がやってきます。多くの投資家は、上昇相場では買えば何でも上がるので、簡単に資産を増やすことができますが、その後やってくる下落相場で大きく資産を減らしてしまいます。
しかし、資産運用で重要なのは、長期的に継続して運用できることです。一時的に資産が増えてもそれが減らないように損失を抑えるトレード、つまり、攻めから守りのトレードを身につける必要があります。




突然起きる急落をあらかじめ予測することは難しいことですが、いつ、何が起きてもどういう投資行動をするかということは、あらかじめ決めておく必要があります。

トランプ大統領の誕生、2017年にはフランスの国民投票、などのイベントもあり、世界情勢も複雑に動いています。2017年の相場は、さらに難解な相場になってくるでしょう。

株式投資はギャンブルではありません。
このような相場が来たときに、どういう戦略を持ってトレードを行っていくか、その準備はできているでしょうか?

そのような意味もあり、本E-bookを作成しました。

■ 投資をしている中で以下のように思うことがある方は、ぜひ読んでみてください。

(1)なぜ株価が上がるのか、下がるのか仕組みを知りたい。
(2)暴落が起きた時にどうしていいかわからない。
(3)暴落時に大底をつけるタイミングを知りたい。
(4)システムトレードを始めたいが専用ソフトをもっていない。
(5)新しいシステムを構築したい、今あるシステムをさらにいいものにしたい。


全くシステムトレードをしたことがない方から、システムトレードを始めたばかりの方、上級者の方まで使っていただける内容を盛り込んでいます。

■ このたび、YAHOO!ファイナンス投資の達人のkorosukeが
E-book「暴落相場対応システムトレード実践マニュアル」を制作しました。


本E-bookでは、
・暴落がなぜ起きるか
・暴落の規模を判定する手法
・暴落が起きた時の投資戦略(デイトレード)
・検証ソフトを使わず暴落時の大底を判定するツール  
について、実際の売買ルールをもとに、過去のデータと検証結果をもとにストラテジーを作る上で必要な考え方を中心に解説しました。

専門的なシステムトレードの知識や検証ソフトを使用しないで売買シグナルを出せるツールを紹介するため、システムトレードをやったことがない方にも実践できる内容です。

本E-bookを読んだ後に、下落相場や暴落に対する抵抗がなくなり、むしろ利益を生み出すチャンスと考えられるようになるでしょう。
どのような相場が来ても対処できるように、長く安定して継続できる投資手法を身につけましょう。


■ 人気のメールマガジン登録もセットです。 
※本E-bookを購入時に、テラス及びテラス登録開発者であるkorosukeの運営する無料メールマガジンへの登録が必要となります。ご自由にダウンロード頂くことが可能ですが、数日以内にメールマガジンへの読者登録をさせていただきます。
※korosukeのメールマガジンは原則、毎週日曜日と、平日不定期で配信しております。
日曜日の配信では、1週間の日経平均の動きを詳細に解説し、全体的な相場の流れについて書いてきます。
平日に何かトピック的な動き、注目したい動向などがあったときに不定期で配信します。
※メールマガジンの解除はワンクリックで行うことが可能です。


この商品を申し込む


9,800円(税込)でこの商品を申し込むことができます。


申し込みはこちら

VISA,MASTER,JCB,American Express,銀行振り込み

このトレードシステムをマイリストに追加

総利益率 用語 :0.0%
平均年利 用語 :0.0%
検証年月 用語 :年ヶ月
勝率(月単位) 用語 :0.0%
投資対象 : 株式
トレード平均期間 :デイトレード
クチコミランク :☆☆☆☆☆(0.0)
投資スタイル :買い
システム登録日 :2016/12/02

この発行者をマイリストに追加

発行者 korosuke

プロフィール

Yahooファイナンス「投資の達人」執筆中

ファンダメンタル、バリュー株投資、テクニカル分析、いろいろな投資方法をやってきましたが、最終的に、裁量を入れずに淡々と売買するシステムトレードが一番ストレスなく実践的な方法だと思いました。

相場で勝つための本質は統計学だと思います。

最終的には過去におけるトレード結果から、確率的に有効な手法をみつけるのが、投資で勝ち続けるための最短ルートです。

そして、買いのストラテジーのみではなく、売りのストラテジーと組み合わせることで、更なる高収益がとれるでしょう。

デイトレ、スイングいろいろな方法で勝率の高い手法を日々研究しています。

その中の一部を紹介していきますので、是非そこからシステムトレードの本質を学び取ってください。

コラム 経済レポート FX自動売買