FX 日経225 株 システムトレードの販売 テラス > 詳細ページ

空売りマイスター

2002年1月に資金604万円で運用開始していたら、5594万円に。
年間平均の利益は317万円でした。  算出方法はこちら

利益率グラフ
日経平均株価  USDJPY  GBPJPY 
You need to upgrade your Flash Player
指標 システム
登録前
システム
登録後
全期間
平均年利 用語 58.6% 17.3% 52.5%
検証年月 用語 13年5ヶ月 2年4ヶ月 15年9ヶ月
勝率(月単位) 用語 79.5% 64.3% 77.2%
売買数 用語 18719回 3489回 22208回
プロフィットファクター 用語 1.50 1.13 1.44
最大ドローダウン額 用語 104万円 112万円 112万円
トレード平均期間 用語 0.0日 0.0日 0.0日
勝率(トレード別単位) 用語 56.3% 52.7% 55.7%
ペイオフレシオ 用語 1.17 1.01 1.15
期待値 用語 2535円 / 0.0% 698円 / 0.0% 2247円 / 0.0%

システム説明

■ 空売りデイトレストラテジー 「空売りマイスター」


システム説明

・東証一部貸借銘柄を対象とし、20日平均売買代金30億以上の大型株に特化し、マーケットインパクトを起こさない
・持ち越しをしない完全1日完結のデイトレード
・相場のトレンドに左右されず、安定して利益をあげられる空売りのみのデイトレードです。
・マーケットインパクトに十分配慮したトレード手法になりますので、大きな資金を運用する方には特におすすめです。

■売買代金の大きい大型株に限定したトレード

・全銘柄の中で、20日間の平均売買代金が30億円以上の銘柄に限定しています。

東証一部の貸借銘柄の中でもとくに売買代金の多く、板の厚い銘柄を対象としています。

1銘柄あたりの資金配分もマーケットインパクトを起こさないように配分しているため、多くのユーザー、資金を扱った売買をしても現実トレードがバックテスト結果と乖離することはほとんどありません。


■相場の影響に左右されにくい安定性

ライブドアショック、リーマンショック、ギリシャショック、などの大きな暴落時でも大きな損失を出さずに、安定して利益を上げています。

また、2013年からのアベノミクス相場のような大きな上昇相場のときも安定して利益を出しています。

本システムは「空売りのみ」の売買ですが、上昇相場、下降相場に関わらず、安定した収益を上げることができます。

完全デイトレードのみのストラテジーになりますので、持ち越した時の時間外での為替やNYダウの動きなどの影響をほとんど受けないため、急激な動きや持ち越しによるリスクを排除しています。


■超大型株のため、マーケットインパクトがほとんどない

運用する資産が大きい場合、ある程度の資金を集中して注文すると売買代金の少ない銘柄では約定時の金額

が変わってしまったり、売買が成立しなくなってしまうことなどがあります。

本ストラテジーで対象としている銘柄は全銘柄を対象とし、20日間の平均売買代金が30億円以上の銘柄のみになるので、ほとんどの注文も吸収でき、マーケットインパクトの影響はほとんど考慮せず、より現実のバックテスト結果に近いトレードができます。

また、実際のトレードで複利運用を長期的に続けたときに資産が増えていくと1銘柄あたりの売買金額も大きくなっていきますが、その際にも、このような大型株を売買する際はマーケットインパクトはほとんどないので、安定して複利運用を続けることができます。


■デイトレなら手数料が無料!

本ストラテジーは完全デイトレのため、売買回数は多くなります。

それだけ数が多いということは統計的な信頼性も高くなりますが、その際に発生する手数料がばかになりません。

しかし、松井証券の一日信用取引を使って売買すれば、取引時に発生する手数料がかからないので、コストはかなり抑えられます。

本ストラテジーでデイトレをやる場合はぜひこのサービスをご使用ください。


※検証にあたって
・運用資金は500万円でスタートし、どんなに儲かっても次の年には初年度の500万円からスタートしています(単利運用)。

儲けを運用に回す「複利運用」を行なった場合、資金が増えるにつれて、利益額も増えていく「複利効果」を得ることができます。

初期資産:500万円 

レバレッジ:2.5倍

対象銘柄:【売り銘柄】貸借銘柄リスト
      20日間売買代金30億以上
     
注文方法 仕掛け:日中指値注文
      手仕舞い:当日引成

儲かった金額をさらに投資に回す複利運用ではさらに利益が増えます。


・本ストラテジーはシステム魂でのストラテジーファイルのご提供となります。

その他のシステムトレードソフトをご使用の場合は、ご試用ソフトへの移植も可能です。

なお、ストラテジーと売買シグナルの両方をご購入はご遠慮いただいております。両方ご購入の場合、売買シグナルは解約及びサービス提供停止となります。

売買シグナルは、今なら「初回」申し込みに限り、2週間、無料でお試しできます。
なお、「2回目以降」のお申込みでは、無料期間分も購読料が発生し、銀行振り込みによるお支払いとなることをご了承ください。


売買シグナルをメールやWEB上で読む


今なら、この売買シグナルを 2週間無料 でお試しできます。
不要になればいつでも、とりやめることができます。

無料お試し後は 1ヶ月あたり9,800円(税込)で売買シグナルをメールやWEB上で読めます。


申し込みはこちら

VISA,MASTER,JCB,American Express

    最新バックナンバーだけを見たい場合は2,000円(税込)となります。申し込みはこちら


トレードシステムを手に入れる


このトレードシステム(ロジック公開型)を 98,000円(税込)で手に入れることができます。


申し込みはこちら

VISA,MASTER,JCB,American Express,銀行振り込み


クチコミ

おすすめ度 5.0 ★★★★★
システム購入者のクチコミ 
★★★★★
ストラテジーを買ったものです。
買ったのち、不明な点があったので質問したところ、
しっかりと教えてもらい、ストラテジーに対する信頼が増しました。


よくある質問

購入後のサポートはありますか?
メールによるユーザー・サポートを行っておりますので、ご安心ください。
1銘柄あたりの投資額はいくらぐらいですか?
100万円前後です。
1銘柄、最大100万円になるように株数を決めて注文をしますが、成行注文を行うため、
100万円以上になることもあります。
このシステムトレードを利用するのに必要なものはなんですか?
本システムトレードを利用するには「シストレ魂」「システムトレードの達人」が必要となります。 その他のソフトをご使用する場合は、売買条件をテキスト化したファイルがありますので、ご自身の環境に応じてご使用いただけます。
株価が低い銘柄や出来高の少ない銘柄に投資しますか?
20日平均売買代金が30億円以上の大型株のみを売買するため、マーケットインパクトやスリッページなどを回避できるようにしています。
空売りをするのは怖いのですが追証などになることはないでしょうか?
空売りは信用取引なので、追証が発生することはあります。

しかし、本ストラテジーでは完全なデイトレであり、一日の中で全てポジションを閉じて現金化するため、追証になるということはありません。

デイトレであれば信用のレバレッジを最大限まで使えるため、資金効率がよくなります。
信用売りも行う投資法ですか?
一般的に売られる時に落ちるスピードは、買いで上がっている時のスピードよりも早いことが多いです。そのため、売りで取りやすいタイミングを掴めば買いより勝ちやすく利益も大きくなりますので、あえて空売りだけでどこまでできるかの戦略を作りました。
なぜ大型株を売買対象とするのですか?
大型株は流動性があり、板が厚いため、大きな注文を出してもそれにより値が動いてしまうことがありません。(マーケットインパクトを抑える)
バックテスト結果と現実のトレード結果が同じようになるためにはこれらのマーケットインパクトを考慮する必要があります。

このトレードシステムをマイリストに追加

総利益率 用語 :826.7%
平均年利 用語 :52.5%
検証年月 用語 :15年9ヶ月
勝率(月単位) 用語 :77.2%
投資対象 : 株式
トレード平均期間 :デイトレード
クチコミランク :★★★★★(5.0)
投資スタイル :売り
システム登録日 :2015/05/27
検証に利用したソフト シストレ魂

この発行者をマイリストに追加

発行者 korosuke

プロフィール

Yahooファイナンス「投資の達人」執筆中

ファンダメンタル、バリュー株投資、テクニカル分析、いろいろな投資方法をやってきましたが、最終的に、裁量を入れずに淡々と売買するシステムトレードが一番ストレスなく実践的な方法だと思いました。

相場で勝つための本質は統計学だと思います。

最終的には過去におけるトレード結果から、確率的に有効な手法をみつけるのが、投資で勝ち続けるための最短ルートです。

そして、買いのストラテジーのみではなく、売りのストラテジーと組み合わせることで、更なる高収益がとれるでしょう。

デイトレ、スイングいろいろな方法で勝率の高い手法を日々研究しています。

その中の一部を紹介していきますので、是非そこからシステムトレードの本質を学び取ってください。

コラム 経済レポート FX自動売買