トップ >  用語集 >  資金や利益の算出方法

利益や資金の算出方法について

利益の算出方法
  
  利益は原則 「単利」で計算しております。 具体的には、
  資産が増加しても、投資する金額は一定ですので、利益が過大に見えることもなく、現実に近い利益を確認できます。



資金の算出方法
  
 
 資金とは投資を行うために必要な金額や元手ですが、
  テラスの考える資産の特徴は「損失に耐えるための余裕資金」も含めている点です。

  投資は必ず負けるときがあり、損失が発生します。
  そこで投資に使う資金以外に、「損失に耐えるための余裕資金」を用意する必要があります。

  この損失に耐えるための資産を テラスは「最大ドローダウン額」として想定して計算しています。
  最大ドローダウンとは 「これまでの資産のピークから、最大どれだけ資産が下落したか」を見ます。

  

  投資には最大でも100万円しか使わなくても、最大ドローダウンが50万円であれば、
  合計して資産は「150万円」となります。

  150万円という資産を用意しておけば、たとえ運悪く資産のピークから投資を開始し、
  50万円の損失が発生しても、 投資に必要な100万円を確保でき、投資を続けられます。

   

  これから投資を行う場合でも、過去に起こった最大ドローダウン以内での損失であれば、
  投資に必要な資金は確保し、投資を続けられます。

  このようにテラスはできるだけ実際に必要であろう資金を表示していきたいと考えており、
  年間利益率などもこの資金に基づいて計算しております。

  算出式:
  日経225先物
  [日経225先物1枚購入に必要な必要証拠金]+[損益確定ベースの最大ドローダウン額]
  FX
  [必要証拠金]+[損益確定ベースの最大ドローダウン額]
  株式
  [最大投資金額]+[損益確定ベースの最大ドローダウン額]


コラム 経済レポート FX自動売買